2009年01月08日

小栗旬 もううんざり

小栗旬、山田優との交際質問にうんざり

俳優の藤原竜也小栗旬らが8日(木)、都内で行われた舞台『ムサシ』の製作発表に出席。
退場間際に報道陣から交際中の女優・山田優と「初詣に行きましたか?」と投げかけられた小栗は「しつこいですよ」とうんざりな様子で煙に巻いた。

宮本武蔵を題材に井上ひさしが書下ろし、蜷川幸雄演出で描かれる同作。
宮本武蔵を演じる藤原は「蜷川幸雄さん、井上ひさしさんというドデカイ壁に、最強のキャストで挑むという怖さはある」としながらも「小栗旬くんと肩を並べる楽しみもある」と意気込む。
佐々木小次郎役の小栗も「今から6年前、(藤原出演舞台)『ハムレット』を見させてもらって興奮して。尊敬した藤原竜也さんとの共演は楽しみ」と語り、舞台初共演作は相思相愛の様子だ。

 まだ脚本が出来上がっていない状況だというが、藤原は「僕の方は準備はできてます。あとは演出次第かな?」と"師匠"蜷川のハードルをあえて持ち上げる形で笑いを取り、会場を和ませていた。

 なお、去り際に「山田優さんと初詣に行かれましたか?」と報道陣から質問を受けた小栗は、イベント出演時には常となった交際質問にうんざりな様子だった。

 このほか、鈴木杏辻萬長吉田鋼太郎白石加代子も出演する舞台『ムサシ』は、埼玉の彩の国さいたま芸術劇場にて3月4日(水)より4月19日(日)まで。
大阪のシアター・ドラマシティにて4月25日(土)から5月10日(日)まで公演。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090108-00000004-oric-ent

毎回毎回、交際相手のことを聞かれたらうんざりもしますよね。
自業自得ともいえますが、まだ交際続いているのでしょうか。


行政書士による過払い金返還請求の書類作成代行サービス。
行政書士なので正確・安心です。

書類作成代行サービス
http://www.tubaki-kaiji.com/

その他、内容証明郵便の書類作成代行をいたします。

posted by hinagukki at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なぜ?「かんぽの宿」に新たな火種

「かんぽの宿」新たな火種 オリックス譲渡「出来レース」「経営の判断」

 日本郵政オリックスグループに「かんぽの宿」70施設の一括譲渡を決めたことに、鳩山邦夫総務相が強い疑義を表明し、「郵政民営化」が政治問題として再びクローズアップされ始めた。
オリックスグループ最高経営責任者CEO)、宮内義彦氏は小泉内閣で総合規制改革会議議長などを務め、郵政民営化の旗振り役だっただけに「お手盛り」批判は否めなず、民主党国民新党徹底追及の構えを見せている。
鳩山氏が野党の追及を見越して先手を打ったようだが、火の手は今後も広がりそうだ。(酒井充)

■総務相強い疑義

 「正義感を持って対応する。『李下に冠を正さず』ということは大事だ」

 鳩山氏は7日夕、総務省で、一括譲渡の阻止を求めにきた国民新党亀井久興久幹事長らに対し、契約撤回に向け、働きかけていく考えを表明した。

 鳩山氏が一括譲渡に疑義を唱えたのは6日夜。
都内のホテルで開かれた「九州選出国会議員の会」を中座する際、記者団に「オリックスは立派な会社だが、譲渡に国民が納得するか。出来レースと受け取られかねない。率直にまずいと思う」とぶちまけたのだ。

 唐突な発言に見えたが、実は鳩山氏は用意周到にチャンスを狙っていた。
鳩山氏は昨年12月26日、新聞各紙の報道で譲渡話を知り、「おかしいな」と思ったが、仕事納めだったこともあり、コメントは出さず、周辺に調査を命じた。

 調査結果を受けて、鳩山氏は(1)なぜオリックスなのか(2)なぜ一括譲渡なのか(3)なぜ不動産価格が急落しているこの時期なのか−の3点について日本郵政に問い合わせたが、納得のいく説明はなかったという。

 ■野党追及の構え

 同時に鳩山氏は、国民新党や民主党が国会での追及に向けて動き出したことを知り、「このまま問題を放置しておけば予算審議は大混乱になる」と判断し、異を唱えるチャンスを狙っていたようだ。

 宮内氏は平成3年から18年まで、総合規制改革会議(現・規制改革会議)議長などを務め、行政改革や規制緩和の論客として数々の提言を行ってきた。
郵政民営化の論議は経済財政諮問会議で進められたが、宮内氏も民営化推進派の1人とされてきた。

 日本郵政は昨年4月、年間約40億円の赤字を出している「かんぽの宿」譲渡に向けて公募を開始。
27社が応じ、財務能力審査や2回の入札を経て、12月26日にオリックスの100%子会社であるオリックス不動産への一括譲渡が決まった。
関係筋によると総額109億円で帳簿価額123億円を大幅に下回るという。

 日本郵政は、かんぽの宿の事業を継承する子会社を設立し、4月1日にオリックスへ譲渡する予定だが、会社分割には総務相の認可が必要で、鳩山氏は「認可しないことも十分にある」と明言した。
日本郵政の株式は100%政府が保有していることをテコに契約撤回を促す可能性も示唆している。

 ■自民内にも賛否

 ただ、自民党内の「改革派」には「経営の判断であり、どこがおかしいのか」(幹事長経験者)との意見も出ている。

 オリックスは7日、「当社が把握している限り、総合規制改革会議などの過去の答申中に郵政民営化というテーマは出ていない」とのコメントを発表し、宮内氏と郵政民営化の関係を否定。
「一括譲渡は日本郵政が求めていた条件であり、オリックスは公正な手続きで譲渡契約を結んだ」(社長室)と説明した。
日本郵政は「コメントできない」(報道担当)としている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090108-00000097-san-pol


お金があるところが買えばいいんですよ、それがどこの会社であろうが雇われている人からしたら、解雇されるよりましです。

そんなことに反対して、大事な税金を使って無駄な国会を開かないでほしいものです。


1人で悩んでいませんか?
借金は相談することで89%解消されます。

借金問題無料相談窓口
http://www.tubaki-sodan.com/

年中無休 24時間相談受付



posted by hinagukki at 11:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。